明るい筋肉計画 その1

みなさ~ん、マッスルしていますか?
うーん♪マッスルマッスル♪<笑顔で(^o^)/

私ですか?
私は最近ハッスル行っていませんね~。<えっ?

まあ、それはさておき。
変なつかみですみません。(^^;)

今日は気が向いたので、たまに(正直や!)やってる筋トレを紹介します。
基本的に自転車用ですが、ウィンタースポーツを含む色んなものに使えると思います。
まあ、元ネタは自転車雑誌「ファンライド」からのパクリ(一部実体験に基づく脚色)ですが。(^^;)
理論的な詳しいことは各自ググって下さい。<無責任


第一回目はふくらはぎです。
足の筋肉のトレーニングは結構疲れますので、筋トレでも初期に行ったほうが楽です。

ではやり方を。
1. 足を肩幅より少し狭いくらいに広げます。
2. 膝を少し曲げます
   つま先の鉛直線上より膝が出ない様にして下さい。膝が痛くなります。<実体験
   また、膝を伸ばしてトレーニングしても膝が痛くなります。<実体験
   要注意です。
3. かかとを1センチ位上げます。
4. 胸を張って顔は真正面に。目線も正面です。
   目線も顔も下を向かないように。

ここがこのトレーニングの基本ポジションになります。

5. かかとをめいいっぱい上げます。
  ふくらはぎがビンと張ってるのが分かると思います。
  あくまでも、顔と目線は正面です。
  膝の位置は大丈夫ですか?膝が伸びていませんか?
6. 2秒ほど保持してから、かかとを下げます。
  ここで注意。
  ふくらはぎのトレーニング中は、かかとを着けてはいけません。
  基本ポジションまで戻ってください。

以上を繰り返します。
トレーニング中、特にかかとを下ろすとき、筋肉がぐぐっ、ぐぐっと落ちる時がありますが、極力それはしないように。
それは筋肉の運動をコントロール出来ていないということなので。
自らの意思で筋肉を動かすトレーニングも兼ねていることを強く意識してください。

回数は、以下を参考にしてください。

             初期              初期以外
痩せた人  10~15回-2セット(ゆっくりと)  20~30-2セット
太った人  15~20回-2セット(ゆっくりと)  30~40-2セット

痩せ型の人は素早くやるイメージを心がけてください。<筋肉をつけるため
太り目に人はゆっくりとやるイメージを心がけてください<脂肪を燃焼させるため(有酸素運動)

まあ、こんな感じで。後は適当に応用してると良いかも。
やりすぎは逆効果ですけどね~。
この程度だと、楽~に毎日ってのが本当はいいと思います。
もうちょっと負荷をかけてやるのなら、1日休みを入れたほうが良いかも。

明るく健康的な生活&スポーツをエンジョイしましょう!
さあ~、みんなで~、マッスルマッスル♪<笑顔で(^o^)/
[PR]
by noziy_555 | 2006-01-23 19:48 | 日常
<< 大佐 今日の出来事 >>